親や夫が亡くなったら行う手続き
世帯主が死去したら、家族が行わねばならない手続きが沢山あります。

お葬式の種類と料金の比較

HOME > お葬式の種類と料金比較

お葬式は、故人との別れを偲ぶための行事です。お葬式をスムーズに進める事が、故人への一番の供養となりますが、遺族にとっては準備することが多すぎて大変ですので、あらかじめ一通りの手順を把握しておくべきです。

最初に準備すべきなのは、お葬式を執り行う遺族の代表者である喪主を決める事です。一般的に、喪主になるのは故人の配偶者か子供(主に長男)ですが、特に明確なルールは定められておらず、誰がなっても構わないです。その後の葬儀社選び、葬式の日時や会場の決定、お坊さんへの連絡などは、全て喪主が主導して行われます。仏教では宗派によって葬儀形式の違いがありますが、それはお坊さんや葬儀会社に任せておけば大丈夫です。

以下、お葬式の種類と料金や注意点を比較してみます。お葬式には大きく分けて4つの形態があります。大勢の人を集めて告別式を行う「一般葬」、親族のみの小規模で行う「家族葬」、通夜をせずに葬式のみを行う「一日葬(ワンデイセレモニー)」、通夜や告別式をせずに火葬だけを行う「直葬(密葬)」です。イオンやティアなどの大手企業では、タイプ毎に料金やサービス内容が明確になっているので、分かりやすいです。

一般葬〜参列者も多く料金も高い、従来からのお葬式の方式

一般葬は昔ながらの葬儀の方式で、親族に加え、故人の友人や職場仲間、ご近所さんや町内会の人など、大勢の人に参列してもらって盛大に行うお葬式です。葬儀の流れとしては、亡くなってからは遺体の安置→通夜→告別式→火葬→初七日という手順で執り行われます。

一般葬の手順

一般葬は人が多く集まるゆえに、葬儀料金は4種類の中で最も高くなります。東京など首都圏における、参列者が70人程度の場合の一般葬の料金相場は、平均でおよそ108万円(内訳は式場や火葬場の費用が30万円、葬儀費用が38万円、食事や香典返しなどの接待費用が40万円)となっています。しかも注意したいのは、この料金にはお坊さんに支払うお布施などは含まれていないので、お葬式全体の費用はさらに必要になります(⇒お坊さんへのお布施の平均的な相場)。また、葬儀関係者への心付けも、他の形式よりも高額になります。

家族葬〜親族だけで行う、小規模なお葬式

家族葬は親族だけで行われる種類のお葬式で、参列者に必要以上に気を使う事なく、ゆっくりと故人との別れを偲ぶ事が出来るメリットがあります。一般葬との違いは参列者が家族に限定されている点のみであり、一連の手順や内容は基本的に同じです。

家族葬の手順

近年では、家族葬を選ぶ人の割合はおよそ32%にも上っており、これまで主流だった一般葬(約42%)との差は年々縮まっています。家族葬が増加傾向にある理由としては、一般葬と比較して安価で済むという経済的な要因や、現代人は近所付き合いが希薄化している事などが考えられます。親族20人程度が集まる場合の家族葬の料金相場は、平均74万円(内訳は式場・火葬の費用が30万円、葬儀費用が29万円、接待費用が15万円)ですが、やはりお坊さんへのお布施は別途必要です。その他詳しい内容は家族葬のメリットと問題点のページをご覧下さい。

一日葬〜お通夜を行わない簡素な方式

一日葬は、通夜を行わないお葬式の形態です。ワンデイセレモニーと呼ばれることもあります。会場の費用が一日分しかかからないうえに、葬儀の参列者も少なくなるので、料金が安く済む点が大きなメリットです。

一日葬の手順

通夜を行わない事以外は、一般葬や家族葬と同じ流れです。親族10人程度の一日葬の場合、式場・火葬費用が30万円、葬儀費用が35万円、接待費用が5万円で、平均料金は約70万円です(一般葬や家族葬と同様、お坊さんへのお布施は別途必要)。

直葬〜お葬式を全く行わず、火葬だけで済ませる方式

直葬は、通夜も告別式も行わないので、4つの種類の中でも圧倒的に費用が安いのが特長です。遺体の安置後はそのまま火葬場へ搬送されるので、余計な料金がかかりません。なお、日本の法律では死後24時間は火葬出来ないと定められていますので、直葬でも丸一日以上かかる点は注意すべきです。詳しくは通夜やお葬式を省く「直葬」のメリットと問題点のページへ。

直葬の手順

直葬はシンプルゆえに、参列者はごく近しい親族のみとなりますから4〜5人程度と少ないです。直葬の料金の相場は、平均で19万円(式場・火葬費用が6万円、葬儀費用が13万円)と他の葬儀と比較しても圧倒的に安く済みます。また火葬場で少しお経を読むだけなので、お坊さんへのお布施も少額で済みます。但し、親戚などから反対されやすいですから、故人が強く望んでいた等、明確な理由付けが無いと選びにくい方式です。

お坊さんのコストが特に高い〜ネットで選ぶのも一考

このように4つの種類のお葬式は、それぞれ料金や内容が大きく違っています。お葬式はやり直しの出来ない儀式なので、後悔する事のないように十分に比較検討して選択すべきです。

ちなみに香典でどの程度お葬式の費用を賄える?という疑問もあるでしょうが、精々一人5千円未満ですし香典返しも必要なので、葬儀代としてあてにするのは間違いです。近年では香典を予め断るという考え方も広まってきており、それなりにメリットのある方法です。

お葬式の種類と料金の比較まとめ
・一般葬は最もオーソドックスなタイプの葬儀で、豪華な分料金も高い
・家族葬は一般層と比べて料金が安く、近年利用者が増加している
・直葬はかなり料金を安く抑えられるが、親族には注意が必要
・香典だけではお葬式代を賄うことは出来ない

このように、最も注意すべき点はやはり料金の高さです。日本消費者協会の2014年の調査によると、お坊さんへのお布施も含めたお葬式全体の料金は、全国平均で188万9000円とかなり高額です。中でも料金が高いのが戒名(故人が死後に付けられる名前)で、ただお坊さんに名前を付けるだけでおよそ40万円もかかります。

関連ページ;戒名のボッタクリを避ける方法

お葬式関連では、特にお坊さん関連のコストが高いです。葬儀の後も、四十九日や年忌法要(ねんきほうよう)など、何度も顔を合わせることになります(⇒お坊さんを呼ぶ行事と回数)。故に、お坊さんの選び方の基準に記したように、特定の宗派や菩提寺がない場合は、インターネット等でお寺やお坊さんを比較して選ぶのが賢い方法です。

当サイトはリンクフリーです。また画像や文章の盗用は禁止致します。文章を引用される際は当サイトへのリンクをお願い致します。
Copyright (C) 2016 tetuzuki-all.com All Rights Reserved.