親や夫が亡くなったら行う手続き
世帯主が死去したら、家族が行わねばならない手続きが沢山あります。

葬儀の保険は有効か?

HOME > お葬式の基礎知識 > 葬儀の保険は有効か?

日本では、お葬式の平均費用は200万円近くかかると言われています。この高額な費用を賄う方法として考えられる一つが、葬儀保険です。

葬儀保険は、月額1000〜5000円程度の掛け金を支払っておく事で、加入者が亡くなった際にお葬式の費用が負担されるという保険です。死亡時にお金が支払われるという点では、生命保険と似ているようにも思えますが、いくつかの違いがあります。

葬儀保険の有効な点の一つが、加入に際して医師の診断書が不要という事です。生命保険の場合、医師の診断などを含めた審査が必要ですが、葬儀保険ではそれが不要です。また、生命保険の加入においては必須の告知(最近の健康状態、これまでの病歴、身体障害などについて保険会社に知らせる事)も、葬儀保険では必要無い場合もあります。

そして、葬儀保険には年齢制限が緩いというメリットもあります。生命保険では、80歳になると契約が打ち切られるのが一般的ですが、葬儀保険はそれ以上の年齢でも継続出来る場合が多いです。世界一の平均寿命を誇る日本人にとっては、保険の年齢制限が高い事は非常に有難いでしょう。要するに一般的な保険に比べて、圧倒的に審査が甘いといえます。

また葬儀保険は、死亡してから保険金支払いまでの期間が短い事もメリットです。保険会社にもよりますが、申請した翌営業日に支払って貰える会社が多いので、事前に立て替えする必要が無く、保険金をそのままお葬式費用を賄えるのが助かります。

一方で、葬儀保険には保険金が安いという大きなデメリットがあります。生命保険ならば数千万円を超えるような補償が受けられる場合もありますが、葬儀保険はあくまでお葬式の費用を賄うための保険であり、保険金は概ね30〜200万円の会社が多いです。この程度の金額しか貰えないのであれば、毎月数千円の保険料を支払うよりも、自身で貯蓄しておいた方が有効でしょう。

そもそも、葬儀保険に限らず、世の中の保険は基本的に保険会社が儲かる仕組みになっているので、掛けたら掛けただけ損をすると考えておくべきです。火事(火災保険)や自動車事故(自動車保険)など、万が一の事故が起きた場合に1億円以上もの損害賠償が必要になるリスクについては保険も有効ですが、それに比べれば葬儀の保険に加入する意味は薄いといえます。

早期申し込みなどの割引サービスのメリットと注意点

ただし、お葬式保険の一種ともいえる「早割」については有効と言えるかもしれません。早割とは、葬儀会社の「小さなお葬式」が行っているサービスで、わずか500円の掛け金(掛け捨て)で、費用が最大66000円も割引されるという、非常にコスパの良い制度です。有効期限は3年+30日ですが、継続期間中に再度500円払えば更に3年間延長されます。

割引対象は、申し込んだ本人だけでなく、三親等まで有効というのもメリットです。人が亡くなるのはいつになるかわからないのに、予めお葬式を予約するという事に抵抗を覚える人もいるでしょうが、少しでも葬儀費用を安く済ませたいと思うならば、早割を利用する事を考えるのも良いかもしれません。

葬儀の保険まとめ
・葬儀保険は加入審査が甘いことがメリット
・ただし保険金が少ないので加入するのはあまり有効ではない
・葬式の「早割」などはコスパが良く考慮する価値あり

小さなお葬式だけに限らず、今後は様々な格安葬儀会社などで、早割などの事前申し込み割引の制度が増えてくると予想されます。但し早期申し込みは、その葬儀会社が倒産した場合、お金が戻ってこなくなるリスクがある事は注意点だといえます。そういう意味では、小規模・マイナーな会社は避けた方が賢明かもしれません。

当サイトはリンクフリーです。また画像や文章の盗用は禁止致します。文章を引用される際は当サイトへのリンクをお願い致します。
Copyright (C) 2016 tetuzuki-all.com All Rights Reserved.