親や夫が亡くなったら行う手続き
世帯主が死去したら、家族が行わねばならない手続きが沢山あります。

親の遺品で高く売れる物一覧

HOME > 遺品整理 > 親の遺品で高く売れる物一覧

遺品整理では、単なるゴミにしか思えないような物が意外と高値で売れる事もあるので、注意しないと勿体ないです。専門業者に見積り依頼するなどした方が良い商品もあります。以下で、遺品の中でも高く売れる可能性がある物を一覧にしてみました。

金製品(ゴールド)

高値で売れる遺品の代表が金製品です。通常、遺品は時間が経てばそれだけ値段も下がりますが、ゴールドは世界共通の「通貨」としての価値を有した存在なので、絶対にある程度高価な値段で売却できます。ゆえに富裕層の人達は、インフレ対策として金貨や金地金などを保有するのがセオリーとなっています。金製品はいつ如何なる時でも高く売れる、最も好都合な遺品です。

金は指輪やネックレスなどの女性用アクセサリーの他にも、金歯や金縁メガネなど様々な品物に用いられており、こうした遺品は高額で売れる可能性が高いです。純金製の仏像などでも、仏具はお寺で魂抜きをしてもらえば、普通に売買も出来るようになります。

金製品の買取価格は、その商品に使われている量(重さ)と純度、その時の金の国際市場価格を元に計算されるので、どのお店に持っていっても査定には大差は無いはずです。余談ですが、金地金については売却時に消費税込みの値段を受け取れますので、消費税率が上がるほど(事実上の)儲けも大きくなります。

骨董品(絵画、壷、掛け軸)

他に高値で売れる遺品として、骨董品も挙げられます。絵画、壷、掛け軸など、貴重な品物の場合は数百万円、あるいはそれ以上の高値が付く可能性もあります。しかし、こうした骨董品は素人では価値が判断できないので、専門業者に見積りに出すべきです。

骨董品の見積り査定の注意点として、値段をごまかして安く買い叩こうとする悪質な業者もあるので、必ず複数の業者で見積りを比較してみるべきです。

コレクション品(切手や古銭など)

コレクション品も、高く売れる可能性がある遺品です。例えば、切手、古銭、テレホンカード、ブリキのおもちゃなど、興味のない人にとっては全く無価値の品物でも、マニアの間では驚くほど高値で取り引きされているケースもあります。

テレビ「なんでも鑑定団」でも、時々よく分からないコレクション品に驚くような値段がつくことがありますよね? こうした趣味の商品は、素人には高価なのかガラクタなのか判別できないので、やはり専門業者に査定依頼すべきです。

着物(但し保存状態の良いものに限る)

遺品の中でも、衣類はほとんど売れずにゴミになるだけですが、女性の着物については高値で売れる可能性があります。着物は、保存状態が悪いと買取不可になるケースが多いですが、綺麗な状態なら古いものでも10万円以上で売れる事もあります。

遺品に着物があった場合は、とりあえず専門業者で査定してもらうべきで、品数が多いようなら複数の業者に相見積りを取って比較すべきです。但し「全部まとめて○万円」という適当な値付けをする業者は、価格をごまかしている可能性があるので注意です。

ブランド品(時計やバッグ)

ルイヴィトンやエルメスなどのバッグや財布、ロレックスやカルティエなどの腕時計、といったブランド物の商品も高値で売れる事が多いです。ただし女性のブランド物は、流行の移り変わりが激しく、古い物は安値しか付かない事も多いので、あまり期待しない方が良いです。

一方でロレックスの腕時計は、型が古くても値落ちしにくく、常に高く売れる物なので、適当に処分しないように注意すべきです。

趣味の品(将棋盤や釣り竿など)

そして、趣味の品が意外と高値で売れる事もあります。特に、囲碁や将棋に使われる盤駒は非常に高価な物もあり、十万円以上で取引される場合もあります。囲碁や将棋にのめり込んでいた高齢者なら、プロの対局でも使われる「本榧(ほんかや)」と呼ばれる高価な盤を保持している可能性もあるので、確認してみるべきです。

ゴルフクラブは、古くなると値落ちが激しい商品で、5年以上経過していると売ろうとしても二束三文にしかなりません。但し例外として「XXIO(ゼクシオ)」というブランドだけは、少々古い型でもゴルフショップで高値で買い取ってくれます。また、現在では入手困難なパーシモン(木製)ヘッドのクラブは、状態が良ければ骨董品として高値が付く可能性もあります。

一方で、釣り竿も中古品の売買が盛んですが、流行や性能の変化が小さいので、ゴルフクラブと違って古い物でも比較的高く売れやすいです。

親の遺品で高く売れる物一覧まとめ
・金はいつ如何なる時でも高く売れる
・ブランド品でも古いものだと二束三文だが、ロレックスの腕時計は例外
・骨董品やコレクション品などは専門業者で見積り査定すべき
・「全部まとめていくら」とアバウトな値段を出す業者には要注意!

このように、高値で売れる可能性のある遺品は数多いです。どんな遺品の場合でも、遺族がその価値を正確に判断する事は難しいので、価値がわかりにくい物がある場合は、専門業者に査定を依頼すべきです。その際は値段をごまかされないよう、商品一つずつの詳細な見積りを要求したり、複数の業者で相見積りを取るなど注意すべきです。

当サイトはリンクフリーです。また画像や文章の盗用は禁止致します。文章を引用される際は当サイトへのリンクをお願い致します。
Copyright (C) 2016 tetuzuki-all.com All Rights Reserved.